光回線に変えてみて~NTTフレッツ光の場合

仕事柄、家でオンライン状態にしていることが多く、パソコン買換えの際に、NTTフレッツ光西日本に加入しました。

というのは、以前の別の会社のADSLのスピードがかなり遅く、情報もどんどん重たくなってきている上に、一戸建て住宅での光も、むしろ計算上安上がりだったため、思い切って変更してしまおうと考えたからです。

結果、劇的に速度が速くなってはいません。元々ADSLのロスが少なかったようです。
計算上10倍以上のスピード差があるのですが、パソコンの回線というのは、数字通りにくるわけでもなく、環境に左右される部分もあるらしく、数字通りの体感が出来るわけでもないのですね。送受信のスピードが特に速く感じられない反面、内部処理のスピードがかなり速くバックアップなどが異様なスピードで取れます。

パソコンの動きが重くストレスを感じる時に、光回線などの大容量、高速回線に変更してみるのもいいかもしれません。

更に、光回線が安くなったとはいえ、やはり割引付きでも基本回線料はまだ高めです。ただプロバイダ料金を低めに出来るため、トータル額がそこまでかからないのです。
これも自分のパソコンの使い方によって、コストの高い安いは変わってきますね。
一戸建てで複数の人間がパソコンを使う場合は、高いというほどではなくなってきていると思います。

むしろNTTの場合、ひかり電話の代金を高く感じてしまいます。

パソコンの使用目的、人数など日頃から優先事項をチェックしたうえで光回線にするとよいかもしれません。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です